ア・ラ・フォンテーヌ シェフ泉です。
お知らせがあります。

世界中で新型コロナウィルスの脅威が広大しています。
街からは人が消え、様々な店が大きな打撃を受けました。
中止に追い込まれたイベントも少なくありません。

そんな中、新型コロナウィルスが当店にも例にもれず大打撃を受けました。
結論から申し上げると、今月3月31日を持って閉店する運びとなりました。

今でも、世間は手も足も出せない状況で、いつ終わるとも知れない不安に怯えています。
例えば、ライブハウスの店長は、客が消えた客席で頭を抱え、あれだけ毎日大きな声を張り上げて準備を進めていた知人の個展の主催者は、涙を飲んで「延期」を決めたと聞きました。
今、この事態を前に、世界中が悲鳴をあげています。

きっとあなたも。

ただ、勝てない相手ではありません。
私は、今は、「負けた」かもしれないけど諦めなければ負けではない。
「失敗をあきらめず成功するまで続けていれば失敗など存在しない」と言われますが、まったくその通りだと。
私自身、毎日対応に追われていますが、今、私たちの目の前に立ちはだかる壁は、どれも「互いに補うことで乗り越えられる壁」ばかりです。

大切なのは、ひとりで立ち向かうことではなく、手を取り合うこと。
ためらわずに「助けて」と叫ぶこと。
誰かのSOSを聞き逃さないこと。
もしあなたが立ち行かなくなったら、どうか迷わずに、
周りの人に助けを求めてください。
これまで散々頑張ってきたのだから、こんな時ぐらいは。

実際、私は、一人で考え、思い込み、悩むタイプです。

そんな時、自分の好きな作家の本や、音楽、音声などに触れたとき、ただ単純に「ひとりじゃないんだ」と安堵することがあります。
私の書いた文章に温かいフィードバックをくれる方々に何度も救われた事もあります。
そして、昔から、いつも遠くから私たちのことを見守ってくれている方々もいます。
「困ったことがあったらいつでも、何でも相談しろ」
「もし、一人で戦っているのだったらいつでも力になる」
「もし、この先の人生で自分の命が危ないと思ったのなら、泥棒でも何でもしなさい。私が全て責任を取ります」(学生時代の恩師 笑)

そんな方々の温かい気持ちをずっと心に秘めて、時に思い出し勇気を勝手にもらっていました。
ただ、今回ばかりは事情を説明する理由もない位の世界的な事態です。
いろんな方の助けを頂いていこうと思います。

今後の展開については、またお知らせいたします。楽しみに待っていただきたいと思います。

コロナウイルスは、手強い相手です。得体も知れないです。
ただ、勝てない相手ではありません。勝つまで諦めない限り、負けではない。
私にできることがあるのなら、お役に立ちたいです。
私にも、SOSを出してください。
ほんの1ミリでも役に立てるのなら。手を取り合って。頑張ろうね。

見上げる空を覆う、この重く黒い煙は、いつか必ず晴れると信じています。

泉昭一

P.S
今後は、フリーランスで、あなたのもとへ向かうかもしれません。(ホームパーティー、出張料理教室など)ご期待ください‼️